不動産物件の価値は需要と供給で決まる

不動産物件は、築年数が経つほど価値が下がるものですが、その下落率には差があります。当初の販売価格が同じマンションでも、5年で500万円しか変わらない物件もあれば、2000万円下がる物件もあります。誰だって売る時は少しでも高く、買う時は少しでも安く買いたいというのが本音ですが、そう上手くはいきません。需要が多いエリアであれば価格は高めになりますし、新築の供給数等にも左右されます。例えば同時期に次々とマンションが建てられたエリアでは、5年後には複数のマンションの部屋が売られているでしょう。買主から見ると、選択肢が多いですから、当然安い不動産物件ばかり売れることになります。どうしても売りたければさらに価格を下げなければならない、ということで下落率が高くなります。しかしマンションの数が少ない、あるいは売り物件が極端に少ないエリアでは、どうしても欲しい人は高くても買うでしょう。マンションが少ないということは、あまり利便性がないエリアともいえますが、それでも探している人にとってはどうしても欲しい物件、ということになります。同じエリアで新築物件が多数出ているエリアでは、価格を下げなければ売れないでしょう。新築と変わらない価格なら、誰だって新築を買います。

Copyright ©All rights reserved.土地の不動産物件購入における地盤調査の必要性.